HOME > みなと寮について > 法人沿革

CIMG0242.JPG

 私達の法人は、昭和27年に(財)大阪港湾作業援護協会から更生施設「みなと寮」の運営を継承したのをきっかけに、半世紀にわたって主として障害者ならびに生活困窮者を対象にした、社会におけるセーフティネット機能を持つ救護施設事業に取り組み続ています。現在5カ所の救護施設と3カ所の特別養護老人ホーム、グループホーム、地域包括支援センター、そして地域の2カ所で訪問介護や通所介護、居宅介護支援などを行う高齢者在宅サービスステーションを運営しています。

昭和25年 4月
大阪府より(財)大阪港湾作業援護協会が、更生施設みなと寮(大阪市港区 南市岡・入所定員216名)の委託を受け、事業を開始。
昭和27年 5月
(財)大阪港湾作業援護協会より社会福祉法人みなと寮が更生施設みなと寮の事業を継承。(昭和32年6月、更正施設みなと寮の定員を200名に変更)
昭和51年10月
大阪市より救護施設港晴寮(大阪市港区港晴・入所定員90名)の委託を受け事業を開始。
昭和58年 4月
特別養護老人ホーム愛港園(大阪市港区八幡屋・入所定員90名)の事業を開始。
昭和60年 4月
更生施設みなと寮が、建物の老朽化と入所者の障害の重度化のため救護施設に種別を変更し、大阪府河内長野市において、大阪府より引き続き委託を受け事業を開始する。
平成元年 7月
特別養護老人ホーム愛港園の入所定員を140名に変更。
平成元年10月
大阪市よりみなとデイサービスセンター(定員15名、愛港園併設)の委託を受け事業を開始。
平成 5年 6月
認知症高齢者専用の施設として特別養護老人ホーム第2愛港園(大阪市港区八幡屋・入所定員50名)の事業を開始。
平成 6年 3月  大阪市より港地域在宅サービスステーション【在宅介護支援センター】(大阪市港区八幡屋・特別養護老人ホーム愛港園に併設)の委託を受け事業を開始。 
平成 8年 4月
大阪市より救護施設第2港晴寮(大阪市港区田中・入所定員68名)の委託を受け事業を開始。
平成10年 3月  大阪市より認知症高齢者グループホームときめき(大阪市港区八幡屋・入所定員8名)の委託を受け事業を開始。 
平成11年 4月
大阪市よりみなとホームヘルプセンター(大阪市港区八幡屋・港地域在宅サービスステーションに併設)の委託を受け事業を開始。
平成12年 2月 
大阪市より築港地域在宅サービスステーション(大阪市港区築港・デイサービスセンター・定員15名、ホームヘルプセンター、在宅介護支援センタ ー)の委託を受け事業を開始。 
平成13年 4月
大阪市より救護施設千里寮(大阪府吹田市古江台・入所定員50名)の委託を受け事業を開始。
平成14年 4月
千里寮の新しい建物が竣工、入所定員を150名に変更。
平成17年 3月
堺市よりホームレス自立支援センターおおいずみの委託を受け事業を開始。
平成18年 6月
救護施設りんくうみなと(大阪府泉南市・入所定員150名)の設置運営を開始。
平成19年12月
救護施設港晴寮の入所定員を80名に変更。
平成22年 3月
契約期間満了により、ホームレス自立支援センターおおいずみ閉鎖となる。
平成23年 4月
大阪市より港区南部地域包括支援センターの運営業務受託を受け事業を開始。
平成23年 4月
大阪市立弘済院第1特別養護老人ホーム(大阪府吹田市・入所定員270名)の事業を指定管理者として運営開始。
平成25年 6月
堺市より堺市高齢者住宅調査業務センター(堺市堺区新町)の業務委託を受け運営を開始。

HOME > みなと寮について > 法人沿革



















会社説明会を実施しています。
希望の方は説明会後、続けて
筆記試験に進んでいただけます。

どちらも
マイナビ2015・リクナビ2015
からお申し込みいただけます。
ご参加お待ちしています!

中途採用(正職員・介護福祉士)
も募集中です。
くわしくはこちらから!



社会福祉法人みなと寮 法人本部

〒552-0014 
大阪府大阪市港区八幡屋4-8-1
TEL:06-6576-4315
FAX:06-6576-4338
大阪市営地下鉄朝潮橋駅より 徒歩約15分

LinkIconアクセス(みなと寮法人本部)