HOME > もっと知りたい! > 仕事紹介(愛港園)

 私は特別養護老人ホーム愛港園に勤めて3年目になる介護職員です。私が勤める愛港園での仕事内容をご紹介したいと思います。
 特別養護老人ホームでの仕事や介護の仕事って、漠然としたイメージはあると思いますが具体的な仕事内容についてはなかなか具体的に想像できないのではないでしょうか?
 愛港園での一日の流れもご紹介しつつ、特養での介護の仕事について説明させていただきたいと思います。

078.JPG078.JPGDSCN2214.JPGDSCN2214.JPG302.JPG302.JPG


特別養護老人ホーム愛港園の勤務時間
早出7:00~15:30
日勤10:00~18:30 
(遅出10:30~19:00)
夜勤16:30~翌9:30 

 特別養護老人ホームは、高齢者の生活の場です。職員の仕事は利用者の日常生活、主に食事・排泄・入浴のお手伝い(私たちは介助といいます)が中心となります。
 利用者のみなさんと一口に言っても、歩ける方、車椅子を使われる方、寝たきりの方、あるいは食事も自分で食べられる方、職員の介助なしでは食べられない方といろいろな方がおられますので、一人ひとりに合ったやり方で、なおかつできることはできるだけご自分でしていただくように心がけながら介助を行います。また、このような日常生活の介助を行いながら、常に利用者の健康面・精神面に目を配り、普段と違う様子が見られないか注意するのも職員の大切な仕事です。
 「生活の場」である以上、当然介助は365日、24時間必要とされており、普通の会社のように9時から5時までで終わりというわけにはいきません。24時間体制の介助を行うためにどこの施設でも交代勤務制がとられており、愛港園・第2愛港園でも日勤・夜勤・早出・遅出の4種類の勤務帯を組み合わせて対応しています。
 日常生活の介助の他にも、クラブ活動やレクリエーション、外出行事などの余暇活動を行うのも職員の仕事です。また、直接利用者と関わることではありませんが、衣類の洗濯・居室の整理・シーツ交換など、利用者の暮らす環境を清潔に整える仕事もあります。
 また、介助や生活の支援はチームで行いますので、それぞれの報告や記録も大切な業務の一つです。ケアプランを中心にいろいろな記録があるからこそ、一人ひとりに適切なサービスが提供できるわけです。
 面接や相談も生活の支援にとっては大切な事柄です。
 丁寧な介助ができること、面接や相談が上手なこと、的確な記録と報告ができること、人が生きていく中でのトータルな援助を行っていくわけですから、仕事の幅には本当のところ限りがありません。

 日勤帯の場合ですと、朝のミーティング(全体のミーティングと各フロアごとのミーティングがあります)から始まり、定時の排泄介助、昼食のための食堂への誘導、昼食介助を行います。入浴のある日は午後からは入浴介助があり、排泄介助、夕食時の誘導・夕食介助、後かたづけでおおむね日勤帯の業務が終了時間となります。
 遅出の勤務は、日勤の出勤・退勤の時間がそれぞれ30分遅くなった勤務です。夕食後の後片付けや利用者さんの状態確認が長引いた際の業務として遅出の勤務が組まれています。現在はパート職員の方が主にこの勤務を行っています。

 早出の勤務は、夜勤明けの職員から、夜間の利用者さんの状態に変動がないか、昨日調子のわるかった利用者さんの現在の状況はどうかなどを引き継ぐことから始まります。早出勤務の職員が、おおむねその日の出勤者のリーダー役となります。その後の業務として、まず利用者さんの起床のお手伝いと、食堂への誘導、朝食の介助から始まります。介助を終えて利用者さんをお部屋にお送りし、その日の業務内容を確認して、その準備等を行い、朝の全体ミーティングで利用者の状況を申し送ります。その後は日勤帯の職員とともに業務をこなし、夜勤者が出勤してその日の利用者の状況を申し送ったところで、早出の業務は終了となります。

 夜勤帯の業務は、ほとんどの利用者さんがお休みになっておられます。主な業務としては、定時・随時排泄介助や、1時間毎の巡回等がメインとなります。高齢者のことですので、いつ状態が不安定となるか分かりません。そんな時は他のフロアの夜勤者や宿直者と相談し、場合によっては当番看護師から電話で指示を仰ぎ、利用者さんの状態に応じた対応を行います。
 夜になっても、なかなか眠られない利用者さんもいらっしゃいます。そんな時は話相手になったり、その方に応じた対応を行います。ワンフロアを少人数で見ないといけないので、たいへん責任の重い勤務です。でも、日勤帯ではまったく見られない利用者さんの様子が夜勤で見られることがあります。利用者さんの意外な一面が見られたり、忙しい中にもふと静かな瞬間が訪れたりすることもあります。そのせいなのかどうか、日勤よりも夜勤の方が好き、というスタッフも結構いたりします

 特養での介護の仕事というと、大変だというイメージがあると思います。けれど人のお手伝いをする仕事ですから、大変だという以外にたくさんのやりがいや楽しみもあります。利用者さんに喜んでもらえると私まで嬉しくなります。
 人に喜んでもらえる仕事、人に必要とされる仕事ができるって、幸せなことだと思います。
 一度、施設で働く職員の様子を見に来てくださいね。そしてぜひ、介護の仕事の魅力を感じていただきたいと思います。

047.JPG047.JPG2957ec3b-s.jpg2957ec3b-s.jpgDSCN3073.JPGDSCN3073.JPG

HOME > もっと知りたい! > 仕事紹介(愛港園)



















会社説明会を実施しています。
希望の方は説明会後、続けて
筆記試験に進んでいただけます。

どちらも
マイナビ2015・リクナビ2015
からお申し込みいただけます。
ご参加お待ちしています!

中途採用(正職員・介護福祉士)
も募集中です。
くわしくはこちらから!



社会福祉法人みなと寮 法人本部

〒552-0014 
大阪府大阪市港区八幡屋4-8-1
TEL:06-6576-4315
FAX:06-6576-4338
大阪市営地下鉄朝潮橋駅より 徒歩約15分

LinkIconアクセス(みなと寮法人本部)